鼻に溜まりやすい黒ずみや角栓を取り除く方法

毛穴の黒ずみや角栓が溜まってくると目立ってしまうので、すっぴんでは恥ずかしいと思うことが多いですよね。特に皮脂の分泌量が多くなりやすい、鼻のてっぺんとかは黒ずみがたまりやすいです。

角栓は、通常白い状態ですが、毛穴に皮脂が溜まっている状態です。皮脂以外にも埃やメイク汚れ等が溜まっている状態です。黒ずみは、角栓で詰まった状態で、時間とともに酸化してしまって黒ずんだ状態になっていきます。毛穴の中がなかなか綺麗にならないのは、メイク落としでも基本的に肌表面のメイクを落としていき、洗顔でもなかなか毛穴の中まで泡が入りにくいというのもあるからだと思います。よってたるみ毛穴対策について考えてしっかり実践していくことが大切だと思います。

肌表面をきれいにするのであればそれほど脱脂力というのは必要ではないので、毛穴の中の汚れが落ちやすい微粒子の成分を配合してあるクレンジングや洗顔石鹸を使用していきましょう。そして角栓や黒ずみは結構頑固なところがあるので、気長にケアしていくというのが大切になってきます。また水分量がなくなると毛穴が開きやすく黒ずみも結果としてたまりやすいので、水分量をあげると肌のバリア機能を高める化粧品でも保湿持続力が長くなることにもつながってくることから、より毛穴が引き締まりやすい状態になってきます。

鼻の毛穴がやはり詰まりやすいのは、鼻に角栓とかがたまりやすい理由は、皮脂の分泌量がお顔の中でも多いということと、頬は平面で洗いやすいですが、鼻は凸凹していて洗いにくいのが特徴であるからかもしれません。

角栓・黒ずみ除去によい石鹸を使ったとの化粧水の選び方

毛穴の角栓を白ニキビと言われているように、黒ずみも黒ニキビともいわれています。一般的に赤っぽくなったり、赤っぽくなった先の部分が黄色くなった場合にニキビと呼ぶ場合が多いと思いますが、そんなニキビにつながりやすいのも角栓と黒ずみが出来やすい方の特徴でしょう。

ですので毛穴に炎症が起きないように洗顔石鹸で角栓と黒ずみを取りながら、化粧水でニキビ予防していくというのが効果的です。肌の炎症を予防するというのも同じだと思いますが、毛穴を引き締めながら、皮脂の分泌量が多くなってしまいやすいので、分泌量を正常にしていくためにも水分量を多くするような保湿をしていくと効果的です。そのために正しい毛穴ケア方法もマスターしていくとよいでしょう。

ニキビが出来てしまうと言うことは、肌の炎症が起こっていると考えて良いでしょう。
ニキビの炎症が起こっている時に、普段通りの化粧水を使ってしまうことで、かえってニキビの炎症を刺激してしまって、ニキビを悪化させてしまうことにもなりかねません。
特に、オイルが含まれているような化粧水は刺激が強くなっていますので避けるようにして、ニキビの炎症を抑えるような化粧水を使っていくと良いでしょう。


アクネ菌を繁殖させないようなニキビ予防の化粧水を選ぼう

ニキビが炎症を起こしてしまうのは、ニキビの原因菌であるアクネ菌のせいであると言っても良いでしょう。
近年の化粧水の中には、アクネ菌を殺菌する成分を配合している化粧水もあるのですが、肌を刺激する成分が含まれていることから肌を乾燥させる原因ともなってしまいます。
肌が乾燥してしまうことで、アクネ菌を繁殖させる環境を与えてしまうことになり、かえってニキビが悪化させてしまうこともあるので、注意が必要です。

では、どのような化粧水を選んでいくと良いのかと言いますと、肌への刺激、負担が少ない化粧水を選んでいくと良いと言えます。
特に炎症を抑える効果を持ちながらも、肌の刺激が少ない化粧水としては、天然植物由来の成分を含んでいる化粧水があります。
カミツレエキスなどのハーブは古くから炎症を抑える効果があるとされているものですので、カミツレエキス、オウゴンエキス、なdのようにハーブ由来の成分が入っている化粧水を選ぶことによって、ニキビの炎症を抑えながらも肌への負担も減らすことが可能になります。

大人になってからのニキビに関しては、肌の乾燥が原因となっていることがほとんどだと言えますので、保湿力が高い化粧水を選ぶのも1つの手段だと言えます。
天然クレイを配合した洗顔料はニキビ対策として有名ですが、近年ではクレイの持つ保湿力の高さにも注目が集まっており、天然クレイ配合の化粧水なども販売されています。
天然のクレイは粒子が細かく、化粧水として肌に付着することで肌の表面を覆う膜を形成することで知られており、この保護膜が水分の蒸発を防いでくれることから、保湿力を高める化粧水として注目を集めているので、大人のニキビ対策として利用するのも良いでしょう。


当サイトのメニュー

色々な肌質の方にもおすすめのセラミド配合オールインワンゲル
ニキビ痕に効果的な化粧水